IQ(知能指数)とは?IQの平均は?天才と一般人のIQの違いは?

IQという言葉は、一般的にも広く認知されていますよね。また、多くの方はおそらく小学校入学後にIQを算出するためのテストを受けているのではないでしょうか。

IQが高い人というのは、頭が良い、天才といったイメージがありますよね。ただ、なんとなくのイメージはあっても、実際にIQが何を示すのかよく分からないという方は多いでしょう。

そこで、IQとは何なのか、またIQの平均はいくつなのか、そして天才と一般人のIQにはどういった違いがあるのかについてまとめました。

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

IQとは?IQの算出方法は?

IQとは、「intelligence quotient」の頭文字をとったもので、知能指数という意味です。IQの数値が高いほど知能指数が高く、逆にIQの数値が低いほど知能指数も低いということになります。

IQは、知能検査を受けることで算出します。日本では小学校入学後のタイミングで知能検査を受ける場合が多いでしょう。

IQの算出方法は、いくつかあります。以前は精神年齢と生活年齢から算出する方法が使われていましたが、現在主流となっているのは偏差値IQと呼ばれる算出方法です。

偏差値IQは、年齢別のIQの平均値を基準として、同年齢の集団内での位置を表す算出方法です。つまり、偏差値IQの数値を見ることで、全体の中で自分がどのくらいに位置するのか分かるということになります。

もちろん、IQの算出方法には他にもいくつかありますが、現在は上記で記載したように主に偏差値IQが採用されている場合が多いと言えます。

IQの平均は?異常値はいくつ?

IQ(知能指数)の平均は、100です。どういった算出方法であっても、IQ100が平均となるように設定されています。IQの数値を見ることで、自分がどの程度の知能指数があるのかをおおよそ確認することが出来ます。

ちなみに、IQの平均は100ですが、IQ90~109であればおおよそ平均的な知能指数であるとされています。多くの方が、IQ90~109の間に位置します。そして、平均値との差が広がる程、該当する方も少なくなります。

一般的に、IQの異常値とされているのが、IQ130以上、IQ70以下です。IQ130以上であれば、高IQとされ、かなり知能指数が高いと認識されます。

逆に、IQ70以下の場合は、知的障害がある可能性があります。ただ、IQ70以下だからといって、必ずしも知的障害があるというわけではありません。

IQはあくまでも、知能指数を表す目安の数値となりますので、IQの高い、低いで一概に決めつけることは出来ないのです。

天才と一般人のIQの違いは?天才のIQはいくつ?

天才と一般人のIQ(知能指数)の違いは、少なからずあります。何をもって天才とするかは難しいところですが、一般的に天才と呼ばれる人はやはりIQが高い傾向があります。

例えば、相対性理論で知られるアルベルト・アインシュタインはIQ190、ノーベル物理学賞とノーベル化学賞を受賞したキュリー夫人はIQ195だと言われています。

ちなみに、歴史上最もIQが高いと言われているのが、IQ300のジョン・フォン・ノイマンという人です。ジョン・フォン・ノイマンは、様々な分野で天才的な才能を発揮し、周囲がその頭の良さについていけなかったことから、火星人、悪魔の頭脳をもつ男と呼ばれていました。

こういった歴史上の天才たちのIQを見ても、やはり平均値の2倍~3倍ほどあります。もちろん、平均的なIQであっても、素晴らしい功績を残している人は多くいますが、ずば抜けた天才ということで言えば、やはり一般人よりもはるかに高いIQが大きく関係していると言えるでしょう。

平均的なIQでも天才的な頭脳をもてる?高IQになれる?

多くの方がIQ100前後に位置しており、高IQと呼ばれるIQ130以上の方はめったにいるものではありません。平均的なIQだからと言って、勉強が出来ないということはありませんし、自分の努力次第で活躍することは出来るでしょう。

しかし、どんなにがんばって努力しても、単純に勉強しているだけでは、頭脳そのものを天才脳にすることは難しいと言えます。ただ、実はIQの高い、低いに関わらず、天才脳になるためのトレーニング方法があるのです。

天才脳開発パーフェクトブレインは、東大医学博士が監修した画期的なトレーニング方法です。

天才脳開発パーフェクトブレインは、脳を開発し、天才脳をつくるためのトレーニング方法で、実際に天才脳開発パーフェクトブレインを実践した方の多くが、驚異的なスピードで英会話をマスターしたり、難関の試験に一発合格するなど、様々な結果を残しています。

平均的なIQの方であっても、天才脳開発パーフェクトブレインで脳を開発し、天才脳を目指すことが出来ますので、ぜひ活用してみて下さい。

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

このページの先頭へ