天才脳になるには?一般人が天才脳になることはできる?

天才と呼ばれる人々は、一般人とは異なる発想や観点を持ちます。そして、時に誰も成功しなった発明や理論を作り上げ、社会に大きく貢献しています。そんな天才脳になれたら、一般人でも人生で大きく成功する可能性もあります。

それには天才達が持っているような天才脳にならないといけません。一般人が頭の回転を良くしたり、記憶力を向上させるためには、脳を開発していかないといけないのです。

しかし、どうしたら天才脳になれるのでしょう。また、一般人が天才脳になることは果たして可能なのでしょうか。
天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

一般人でも天才になれるのか?

天才脳とはどのような脳を指すのでしょう。そもそも天才とは、特定の分野で一般人の及ばない業績や発見をした方に付けられる称号です。しかし、天才の定義ははっきりと定まっていません。ただし、頭の回転が速く、また閃きや創造力が豊かな人という点で共通しています。

歴史上に名を残したこれらの天才達は、生まれついて天才であったというケースは少ないのです。確かに、子供の頃から勉強が優秀で、さらに異なる価値観を保持して天才と呼ばれるようになった人物もいます。現代にも、小学生が優秀な成績を修め、飛び級をして海外の難関大学に入学したという事例や、自らがゲームを開発して起業するに至った人物もいます。

天才脳とは?天才の脳と一般人の脳との違いとは

しかし、赤ちゃんの頃から天才性が発揮されたわけではありません。あくまで天才とは、人生の中でその能力が養われ、創造力や閃きを培っていきます。つまり、教育や生活の環境の中で天才脳を鍛え上げ、脳を開発していくと、天才と呼べる人物に成長する可能性があります。

現在は天才教育など、子供の教育に非常に熱心に取り組み、優秀な人物に育てようとする親御さんもいます。また、脳科学の分野も社会一般に浸透してきており、一般人でも天才脳を作り上げ、脳を開発するための方法などが多く紹介されています。

勉強で天才脳になれる?

天才と聞くと、とにかく学業優秀というイメージが付きまといます。しかし、学校の勉強ばかりを行っていれば天才になれるわけではないのです。発明の天才であるトーマス・エジソンも学校の勉強が苦手だったと伝えられています。学問で優秀な成績を修めた人間が、必ず天才と呼ぶべき人物とは限らないのです。天才脳を手に入れると、もちろん学業で優秀な成績を修たり、学問以外のビジネスなど分野でも活躍が期待できます。人生全体を豊かにしてくれる脳を天才脳と言いうのです。

天才脳と右脳

天才科学者として有名なアルベルト・アインシュタインですが、彼の死後、脳の解剖・研究を行った結果、右脳の神経が一般人と比べて大きく発達していたことが判明しています。その事実から、右脳を鍛えて天才脳が手に入るというように言われています。もちろん、誰もが生まれつきに右脳が発達しているというわけではありません。しかし脳は普段の生活の中で鍛え、開発していくことが可能なのです。

天才脳になるための方法

日本においては東京大学が最高学府と認知されています。東大生の平均偏差値は75、IQは120以上の方が多いとされています。過去の天才達に共通しているのは、知能指数、つまり一般人に比べてIQが非常に高かった事実が挙げられます。

知能指数は誰もが高い数値を示すものではありません。しかし、脳を開発すると、IQや偏差値を高めることができると判明しています。近現代の脳科学・脳医学の発達により脳をより詳しく解析できるようになってきており、その結果、トレーニングや練習をして、天才脳を開発していけることが分かっているのです。

現在、脳を活性化させ、脳を天才脳に開発する方法が生み出されています。特に現在注目されているのは、天才脳開発パーフェクトブレインです。多くの人の場合、普段脳の能力はその大半が眠った状態です。普段使われていない領域が多くあるのです。その未使用領域を少し開放すると、一般人と比べて数倍の記憶力や情報の処理能力などを発揮することができるようになります。

監修の東大医学博士である森田敏宏先生は、集中力を高めることに特化して、脳開発を行えば、一般人でもIQ150程の天才脳に開発することが可能だと話します。脳を意識的に天才脳へと昇華させることは十分な可能性があるのです。

天才脳にとは、生まれた瞬間からそこにあるものではありません。日々の生活の中で鍛えて育てていけます。そのため、脳の能力を少しだけ開放する手助けをしてあげれば、一般人でも高いIQになることも夢ではありません。

天才脳開発パーフェクトブレインを使って天才脳を目指しましょう。天才脳のトレーニングは性別・年齢は関係ないのです。天才脳になると、学問やビジネスなどで大いに成功する可能性があります。一般人が天才脳になるために、天才脳開発パーフェクトブレインを使って、脳開発を行ってみましょう。
天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

このページの先頭へ